多肉植物の寄せ植え

 > 寄せ植えガーデニング > 多肉植物の寄せ植え

 多肉植物の寄せ植え

多肉植物 寄せ植え多肉植物の寄せ植えに興味を持ったのは、園芸番組で多肉植物の寄せ植え特集を放送を見たのがきっかけです。多肉植物の寄せ植えを流木や表札などにオアシスやコケ、ワイヤーを使った寄せ植えを紹介されていました。

多肉植物の醍醐味は、秋の紅葉する品種と寄せ植えだとのコメントが印象的でした。

多肉 寄せ植え
また、人気ガーデナー吉谷桂子さんの本でも、かわいい多肉植物の寄せ植えアレンジが紹介されていますね。多肉植物の種類は8000種以上ともいわれるほど豊富で、管理も簡単で、場所もあまり多く必要としないので、多肉植物は寄せ植えにもってこいの植物ですね。



   <素焼き鉢・土は粒状培養土>         <湯のみ・土はセラミス>
多肉植物 寄せ植え 
【熊童子・ブロンズ姫・爪蓮華・ガラクノ舞   【熊童子・グスト・パープルクイーン】
 サンバースト・月影・火祭・万宝・虹の珠】


 多肉植物の代表的な種類・品種

グルーンネックレス 多肉植物 寄せ植え●グリーンネックレス
名前の通り、グリーンピースが立てに連なったような草姿です。保水性の高い用土に植え付け、春から秋にかけては戸外の日向で、冬は室内で管理します。
キク科 つる性多肉植物アフリカ原産 つるは50センチぐらいまで延びます。ちなみに我が家のグリーンネックレスは80センチ越えてま〜す。


ブロンズ姫 多肉植物 寄せ植え●ブロンズ姫
ベンケイソウ科グラプトペタルム属 グラプトペタルムとセダムの属間交配種グラプトセダムと呼ぶ人もいます。ブロンズ姫はホームセンターの店頭でもよく見かけてますね。多肉植物初心者の入門にもってこいの品種ですね。



セダム 多肉 寄せ植え●セダム オーロラレッド
かわいい多肉植物です。常緑多年草で葉は春から夏の間の生育期には緑色をしていますが、秋には赤くなる姿が美しく初夏に星型の黄色い花が咲きます。明るい場所を好み秋に水を減らし強い光に当てると赤色が美しくなります。


火祭り 多肉 寄せ植え●火祭り
気温が低くなると、この赤い色がいっそう冴えてくる。でも水と肥料を与えすぎると、葉が緑色になってしまう多肉植物は一般的によく日に当てて、肥料を控え乾燥気味にさせておくと、本来の形やきれいな紅葉が見られるそうです。


●黒法師     ●兎耳     ●爪蓮華     ●ガラクノ舞   ●グスト
●サンバースト  ●月影     ●万宝      ●虹の珠

 多肉植物の育て方・栽培方法・増やし方・挿し木

▼増やし方
多肉植物は、比較的簡単に一年中行なえたりします。(^^)
特に挿し葉は、葉をころがしておくだけで芽が出るものがほとんどですから気軽に!
他は、一般的な頂天挿し・茎挿しで乾燥した用土に挿すだけの簡単なものです。

▼ 挿し木のポイント
切り口を2〜3日半日陰で乾かしてから挿すとうまく発根します。挿し床も乾かしておいて下さいね!ただし、葉が萎れている場合は、ちゃんとお水を与えシャキッとさせてから挿し穂にして下さい。

▼ 根をいじるときは…
用土が乾いているときに行ない、新規に使用する用土も乾いたものを使いましょう!
とにもかくにも多肉植物の多くは乾燥が好き♪愛情たっぷりのほったらかしで育てましょう♪

▼夏越しのポイント

エケベリアもセダムも真夏には成長をやめて休眠します。耐暑性はありますが、風通 しを良く保ち、水やりは夕方以降の涼しい時間帯に行うようにします。ただし、休眠期であるため、水やりは控えめに。太陽が好きな多肉ですが、強すぎる日差しは、葉焼けを起こす原因になりますので日中の強い日差しが長時間当たるようなら、すこし遮光をして秋まで乗り切りましょう。
スポンサードリンク


Home > 寄せ植えガーデニング > 多肉植物の寄せ植え                              

Copyright(C) ガーデニングでハッピー♪ All Rights Reserved