バラの育て方 鉢植え

 > バラの育て方〜バラの鉢植え

バラの育て方〜バラの鉢植え

バラの育て方のページです。鉢植えに向くバラ・つるバラの種類・ベランダや初心者でも育てやすい四季咲き品種を写真とともに紹介しています。ミニバラ・イングリッシュローズ・オールドローズ・つるバラから強健、四季咲き、コンパクトなものを選んでいます。

今は、鉢植えのバラをベランダで育てていますが、ガーデニングをはじめた最初のころは、バラの育て方は難しそう・・・そう思いこんでいました。ある日、本屋さんや図書館でガーデニングの本をあれこれ探しているうちに1冊の本に出会いました。それは「はじめよう!バラ作り」(主婦の友社)です。難波光江さんの宝石箱のようなバラのお庭が紹介されていました。そして、初めてバラには、育てやすい種類があることを知りました。
ルイーズ・オディエ オールドローズ
そんな時、近くの園芸店に花を買いに行った時にふと目にしたバラがオールドローズの「ルイーズ・オディエ」。このバラが我が家にやって来た一番最初のバラです。

クラッシックな風情のあるバラに魅せられて、バラの育て方は本を頼りに、いろいろな品種のバラを鉢植えで育てました。

5月〜6月のバラにとっていちばんの季節は、残念な事に我が家のベランダは最も直射日光が当たらない時期となって、日陰になってしまいます。
明るい日陰になるベランダでは思うよう育たず、お嫁に出したバラは数しれず・・・
そんなベランダで日陰の環境でも、鉢植えで育てやすいバラたちも紹介します。 


【鉢植えの栽培環境】
@鉢植えをコンクリートの上に置くのはNG!
照り返しを受けて急激に乾いたり、高温になりがちな為、根が傷みやすくなります。板を敷いたり、レンガなどで一段高くするなどして照り返しを防いでください。

A日当たり
日当たりが悪いなら、日陰に強いバラ品種を選びます。2〜3時間しか当たらないようであれば、移動して日当たりを確保します。移動ができるのは、鉢植えだからできる利点。

B風通し
風通しが悪いと、湿度が高くなり軟弱気味に育つので、病害虫が発生しやすくなります。
マンションのベランダは風通しが良いと思われがちですが、外壁に囲まれているなど構造によっては、風通しが悪いことがありますので、鉢植えの間隔をあけるなどして風通しを確保しましょう。

【植え付け時期】
新苗は、4月中旬〜6月下旬 霜の心配が無くなれば、できるだけ早い時期に植えてください。
大苗は、10月上旬〜翌年の3月下旬ごろ。初めて育てる方は、2月中旬から3月上旬の植え付けをお勧めします。

【新苗・大苗の鉢植えの植え付けのポイント】
肥料はいれない。新苗は枝を台木に接いだばかりですので、根鉢をもって植え付けましょう。
接木部分にまいてある保護テープは秋までとらないでおきましょう。
つるバラは植え替えが大変です。最初から30センチ程度はある大きな鉢に植えつけることをおすすめします。初心者の方は市販のバラの専用培養土をおすすめします。


【鉢植えの水遣りのポイント】
@土の表面が乾いたらたっぷりと。
鉢植えの場合は、水切れに気をつけてください。与える際は、鉢の底から充分に水が出るまでたっぷりと。 だからといって、水のやりすぎは根腐れをおこす原因になります。根が土中深く張らずに、乾燥に弱くなってしまいます。土の表面が乾くまでは水は与えないでください。

A水やりは朝が最適
午前8時頃から10時頃まで がおすすめです。毎日あげる必要はありません。
夏の鉢植えの場合は、 乾き具合を見て、乾いているようならば1日2回行ってください。

B静かに根元に流し入れる
水が跳ね上がるような与え方は、病害を受けやすくしたり、葉やけをおこしやすくするので、
気をつけましょう。また、バラの上からまくと花を傷めたり、葉やけをおこしてしまいます。

鉢植えで育てているバラの品種・種類

アンブリッジ・ローズ
アプリコット色のバラの代表格ですね。丈夫で連続して花を咲かせ、花もちもいい。
言う事なしのバラです。コンテナ仕立てで育てています。とても、勢いがあります。

ウィリアム・モリス
とっても丈夫で育てやすいつるバラです。次々とつぼみをつけ中輪の花を咲かせます。
きれいな黄色じのアプリコットからピンクまで気候条件により微妙な花色が楽しめます。

セント・セシリア
コンテナ仕立てで育てています。大人の背丈ぐらいまで大きくなりました。
なんといってもこバラの魅力は香りと花持ちのよさ。かたくななまで形を崩しません。

チャールズ・レニー・マッキントッシュ
とても人気があるバラの一つ。カップ咲きで花期も長く、絶え間なく咲きます。花もちもいいです。
花色はライラックと言われていますが、我が家ではピンクに近い色です。
コンテナ仕立てで育てています。

クロッカス・ローズ
丈夫なバラ。カップ咲きからロゼット咲きに咲き進みます。それにつれてクリームイエローから白色に近い色に花色も変化します。トレリスに軽く誘引して育てています。

グラミス・キャッスル
樹高が低くて、コンテナ向きで初冬まで花をつけると聞いて、育て始めました。ホントウでした!連続してよく花をつけます。すこしうどん粉病にかかりやすいです。

ルイーズ・オディエ
けなげにも日陰で咲くバラ。我が家のベランダで一番先に4月の中旬には咲き始めます。
ベランダをとてもよい香りでいっぱいにしてくれます。トレリス仕立てて育てています。
このバラはとても花つきがよいのが特徴で、半日陰〜日陰でも楽しめます。おすすめ

マダム・ピエール・オジェ
女性にとても人気のあるバラだそうです。花もちもよい。返り咲きします。
花は透明感のある薄いピンクで、とても繊細でたまらない魅力があります。
葉の色・形状・つや、とげの大きさ・量、樹形・・どれをとっても魅力的です。

コーネリア
アプリコットからピンクそして、最後は白っぽく咲き進む。小さい花が房咲きで咲く。
日陰にも耐える・・・とのとで去年ベランダにお迎えしたバラで、遅咲き。

ピエール・ド・ロンサール
つるバラでモダンローズ近年の傑作でしょうね!その巻き巻きのお花の豪華なこと!
丈夫で花つきもよく勢いがあります。重みでうつむいて咲くので高めに誘引しています。

グリーン・アイス
ミニバラでしだれるように咲きお花もクラッシックな風情。
白からグリーンがかった色に咲き進みます。寄植えにして楽しんでいます。
スポンサードリンク

  Home >  バラの育て方 ベランダ編                                    

Copyright(C) ガーデニングでハッピー♪ All Rights Reserved