簡単イタリア料理レシピ

 > 簡単イタリア料理レシピ

簡単イタリア料理レシピ

〜バーブの簡単イタリア料理レシピ
          いつものスパゲッティがおしゃれに変身〜

ガーデニングでハーブを育てるようになり収穫したハーブの利用法を知りたくて調べているうちに、
バジルなどを利用した簡単イタリア料理レシピがたくさんあることを知りました。

バジルソースを使った簡単イタリア料理レシピ

バジルソース「バジルソース」はイタリアのジェノバ地方の代表的なソースで、
イタリア料理レシピにたくさん出てきます。
ジェノベーゼ、ペスト(ペースト)と呼ばれています。

本来は香り高く甘みのあるフィノ・ベルデという品種のバジルを
大理石のすり鉢を使って作りますが、日本で栽培されているスィートバジルでも充分に近い味を楽しむことができます。

某食品会社の「ジェノバ風バジルペースト」か「バジルソース」を
使えばもっと簡単で〜す。最初から、オリーブオイル、パルメザンチーズ、松の実、にんにくなどが入っているので、ゆでのパスタにあえればおいしいバジルソースパスタの出来上がり!

▼バジルソースの作り方

・スィートバジル  80g   ・にんにく(みじん切り)  2片   ・松の実 (みじん切り)  大2
・オリーブ油  1/2C    ・塩 小1

全材料を合わせ、すり鉢又はミキサーでペースト状にする。ソテーのソースに加えたり、サラダのドレッシングに加えたりと、調味料の一部としても使える。ただし、かなり塩分が強いので、最初は使用量を控えめに。

▼用途

バジルソース スパゲティ【トッピング】:ピザ、ステーキ、ムニエルに。
【ドレッシング】:サラダ、マリネに。ボイル野菜に。
【バジルバター】:トースト、サンドイッチに。
【スープ】:スープにひとさじ


【スパゲティバジルソース】:パルメザンチーズとソースを合わせ茹で汁でのばし和える。
【ホタテ貝のココット焼き】:塩、こしょうで下味をつけたホタテ貝をココット皿に入れ、 
              バジルソースをまぜたパン粉、バターをのせオーブンで焼く。

▼バジル

バジルシソ科。
トマトと相性がよい、肥と水と日光が大好き。
土と場所・・日当たりと湿り気があって肥えた土を好む。
2ヶ月に1回ぐらい施肥。 あたたかい地方のハーブの為、成長は暖かくなってから7・8・9月によく葉っぱが茂ります。夏場は土が乾燥するので
水ごけなどでマルティングするとよい。我が家ではハダニが付きやすいです。食材だけに薬剤は使いたくないので切り取って再生させています。夏場は成長が早いので若い葉をどんどん摘みます。

バーブ通のイタリア料理レシピ〜フェットチーネのフェンネルソース

フェットチーネはきしめん状のパスタでクリームソースを
からめて頂くととてもおいしいです。ハーブ好きの方におすすめです♪

▼作り方

フェンネルソース 1. (フェンネルソース)オリーブ油で玉ねぎを炒め、
  フェンネルの根又は茎を炒める。
2. 一口大に切った鮭、殻と背わたを取った海老を加え炒め、
  白ワインを加え少し火を入れる。
3. 小麦粉を加え炒め、生クリームを加える。

4. トマトを加え、加減を見ながら茹で汁(200〜300cc)を加え、塩・コショウで味を調える。

▼材料

・生クリーム 1C  ・刻みトマト 1/2個    ・パスタの茹で汁・塩・コショウ 少々  
・フェットチーネ 280g    ・生鮭 2切・海老 20尾    ・茹でた絹サヤ 適宜

(フェンネルソース) ・オリーブオイル 大4  ・玉ねぎ(みじん切り)大3   ・フェンネル 2枝
            ・白ワイン 大4     ・小麦粉 大2

▼フェンネル

フェンネルセリ科。地中海沿岸 フランス、ドイツ、イタリア、インド、中国、アメリカなど日本でも長野、鳥取、北海道などで若干栽培されていますが、これらは主に生薬用で、香辛料用はインドから輸入 されているのが多い。種子は魚料理用のソース、クールブイヨン、塩漬け魚、アップルパイ、肉料理など。フレッシュハーブも魚料理にあうハーブとして有名です。種子、茎のすべてを香りづけとして使えます。

オレガノを使った簡単イタリア料理レシピ 〜 ピザ・マルガリータ

ピザ生地はナポリ風なので薄くしてください。
生地は 市販のものでも、トースト用パンでも(ピザトーストになっちゃうけど)OK!

▼作り方

1.特性のトマトソースをぬって、つみたてバジルを並べる。
2.モッツアレラチーズ(とろけるチーズでも良い)を薄くのせる
3.オーブントースターでチーズに軽く焦げ目が付くくらいまで焼く。
【トマトソース】
トマトを潰してざるで水気を切りバジル、オレガノ、ニンニク、オリーブオイル、塩、コショウを混ぜます

▼オレガノ

オレガノ草丈60センチくらいの耐寒性多年草で、日当たりを好みます。
葉はコショウのような甘い香りで、料理に広く利用されています。
乾燥葉は特に豚肉や子牛肉の料理やピザにつかいます。
摘みたての葉はサラダにいれたり、花はドライフラワーにもなります。

スポンサードリンク

  Home >  簡単イタリア料理レシピ                                      

Copyright(C) ガーデニングでハッピー♪ All Rights Reserved