ハーブの種類と育て方・利用法・効能

 > ハーブの種類と育て方・利用法・効能

ハーブの種類と育て方・利用法・効能

ナスタチウム ハーブハーブの種類と育て方・利用法・効能ページです。ベランダで育ててているハーブの種類と育て方、利用法、効能などを写真とともに紹介しています。ハーブは種類も多く、その利用法もハーブティーだけではなく幅広いです。ハーブは乾燥に強いものも多くベランダでの栽培には適しているものも多く、ベランダガーデニング、コンテナガーデニングにもってこいです。

ハーブを育てるきっかけはやはり「バラに似合う」というものでした。
最初のハーブは「レースラベンダー」で、四季を通じて花を咲かせてくれるのが魅力でした。
もちろん紫色の花やホッと癒される香りも魅力のハーブです。
ハーブキャンディー、ハーブティー、またエステなどにも使われていて、
何千種類とも言われるハーブたちは、昔から食用として、また薬や魔よけ、香水など人々の生活と
深い関わりがあり、とっても身近な植物だけど奥が深いハーブの世界。

私はハーブの魅力にとりつかれ始めています。ハーブの本を読んだり、
素敵なハーブのサイトを訪れて目下、ハーブのお勉強中。ハーブをたくさん育てるのが夢です。
普段はハーブをキッチンに並べてグリーンインテリアにしたり、
新鮮なハーブでお茶を入れたりして楽しんいます

ナチュラルガーデニング

スペアミント ハーブ●タイム
草丈の低い常緑で耐寒性もあります。
栽培:水はけのよい土と日光を必要とします。
利用:いろいろなお料理に使われます。特に鶏肉によく合います。
   殺菌効果もあり。


バナナミント ハーブ●バナナミント
葉はとてもきれいな黄緑に近い緑で、ライラックピンクの花をつけます。
耐寒性はなく真冬は地上部はかれてしまいます。
3月下旬には茎が出始めます。



パイナップルミント ハーブ●アップルミント
耐寒性の多年草です。
栽培:湿り気を好み、半日陰が好き。さし芽で増やせます。
利用:飾りとして使われる事が多いようです。



●ワイルドストロベリー
比較的日陰でも育てる事ができます。
利用:果実は生食はもちろん、ジャムや果実酒などに利用できます。
   葉、茎には利尿・強壮作用があります。葉には若干の有毒成分が
   含まれており、完全に乾燥させてからハーブティーとして用います。


●ボリジ
草丈も1mほどになります。
栽培:翌年にはこぼれ種で咲く・・・とのことですが、ベランダではね〜
利用:花はサラダに入れたりカクテルやパンチに浮かべると素敵です。
あの大きな葉もサラダにして食べれるそうです。若芽はおひたしに。

●レモンバーム
高さ1mのレモンの香りのする耐寒性の多年草。
栽培:半日陰でもそだちます。
利用:アイスクリームやカスタードクリームの風味付け
沈静、発汗、消化促進作用。


●バジル
高さ60センチ、非耐寒性の1年草。
栽培:日当たりがよく、軽くて水はけのよい土が必要です。
紫色の穂状の花が咲きます。利用:バジルペーストの材料。



●ラベンダー
●セージ
●ジャーマンカモミール
●レモンバーベナ
●マロウ
●ラムズイヤー
●ナスタチウム
●西洋オダマキ
●チャイブ
●二ゲラ
●ディル
●コリアンダー
●フェンネル
●ロケット
●チコリ
●スイートベルガモット
●ローズマリー
●エルダー
●オレガノ
●タンジー
●コリアンダー
●ぺラルゴ二ウム
●サントリーナ
スポンサードリンク

  Home >  ハーブの育て方・利用法・効能                                   

Copyright(C) ガーデニングでハッピー♪ All Rights Reserved