コンパニオンプランツ 野菜 バラ

ホーム > コンパニオンプランツ 野菜 バラ

 コンパニオンプランツで野菜とバラの栽培

コンパニオンプランツとは共栄作物といい、コンパニオンプランツと一緒に植えて、家庭菜園 野菜 バラ ハーブをアブラムシなどの害虫から予防し、無農薬での栽培をしています。トマトにはコンパニオンプランツのバジルを、ジャガイモにはマリーゴールドを一緒に植えて育てると虫がつきにくく、成長も促されます。他にイチゴ、きゅうり、シソ、ナス。ピーマン、などの野菜やバラのコンパニオンプランツの紹介をしています。

異なる種類の植物を混植することで、肥料や農薬に過剰に頼らず、よく育ち、また害虫よけや病気の予防にもなるというそのメカニズムは、例えば、ネギの仲間には、抗菌物質が含まれていることや、マリーゴールドがセンチュウを殺す成分を分泌することなどのように、科学的に証明されているものもあります。

けれども、コンパニオンプランツの効果について、理由は、実はよくわかっていないことが多いのです。多くは、経験上知られてきた組み合わせで、農薬がなかった時代の「伝統的な混植の知恵」なのですね。例えば、雑草である「ホトケノザやカラスノエンドウ」を植えておき、
ハダニ除けにする"トラッププランツ"があります。
その「コンパニオンプランツの組み合わせ」とはどんなものでしょうか?

コンパニオンプランツ効果1:害虫を野菜から遠ざける

ネギ、ニラ、ラッキョウなど、ネギの仲間をコンパニオンプランツとして利用すると、害虫被害を押さえる効果が期待できます。また、ネギ類のほかに、パセリ・セロリなどにおいの強い野菜も、害虫を遠ざける効果があります。いろいろな野菜と組み合わせることができます。
▼例:キュウリ、スイカ、カボチャなどウリ科に→ネギ  キャベツに→サルビア

コンパニオンプランツ効果2:益虫が集まってくる

野菜の収穫をアップするには受粉がうまくいくことが大切です。野菜の近くに、ハーブ類を植えると、ハーブの独特の香りを嫌うアブラムシ類やアリ等が寄りつかなくなる一方、受粉を助けてくれる益虫ハチやアブなどがたくさん集まってきます。これを「結実促進」といいます。
マリーゴールド、ナスタチウム、ボリジ、カモマイルなど
▼例:イチゴに→ナスタチウム
イチゴの結実には、ミツバチなどの虫がイチゴの花に寄り付いて、受粉を手助けしてもらうと、収穫アップが期待できます。

コンパニオンプランツ効果3:野菜を病気から守る

ネギ類には、キュウリのツル割れ病やナスの青枯れ病を防ぐ働きがあります。また、マリーゴールドには、野菜の根を侵すセンチュウを減らす力があることが知られています。
▼例:トナト・ナス・大根などに→マリーゴールド
   トマトに→ニラ スイカに→葱 ナス→長ネギ

コンパニオンプランツ効果4:肥料を分け合い育つ

肥料がたくさん必要な野菜と肥料をそれほど必要としない野菜の組み合わせも、コンパニオンプランツとして利用される例です。
▼例:サトイモに→生姜  ピーマン、ナスに→エダマメ
ピーマンやナスは肥料を多く必要とする野菜で、収穫期には追肥が必要です。エダマメは、肥料分が多いと枝葉ばかりが茂って、実の付きが悪くなります。また、エダマメなどのマメ類には、空気中の窒素を取り込み、土中に窒素を供給する働きがあり、野菜の育ちをよくしてくれます。

コンパニオンプランツ効果5:日向と日陰の住み分けで育つ

日照を多く必要とする野菜と、日陰でも育つ野菜の組み合わせも、おすすめです。
▼例:キュウリに→三つ葉
ツル性で葉も大きいキュウリは、日向が大好きな野菜ですが、半日陰を好む三つ葉には、キュウリの株元がちょうどよい日陰となり、良く成長します。また、三つ葉がマルチングの役割を果たし、乾燥を防ぎます。水分を多く必要とするキュウリを守ってくれます。

野菜別〜相性の良い組み合わせ

▼野菜全般(イモ類・豆類・とうもろこしも含む)に:ラベンダー
 一緒に植える事により、センチュウ類が寄り付かなくなります。
▼トマト・キャベツに:ペパーミント
 センチュウ類とモンシロチョウが寄り付かなくなります。
 また、両方の生育が促進された上で、野菜の風味が増します。
▼ヘチマ・きゅうり・かぼちゃ・トマト・ピーマンに:ニラ・ネギ・ニンニク
 ウリ科植物のつる割れ病・萎ちょう病・立枯病・萎黄病(いおうびょう)・
 ハダニの防除に、ナス科野菜の青枯病が発生しにくくなります。
▼トマト・シシトウ・ナスに:スイートバジル
 一緒に植えると、両方の生育が促進された上で、野菜の風味が増します。
▼バラに:ガーリック バラの香りが良くなる
▼バラに:キャットミント アブラムシを食べてくれるハナアブの幼虫がくる
▼カモミールに:ミント カモミールの香りが良くなる&収穫回数UP!
▼ブドウに:セージ ブドウの収穫回数Up!
▼いろいろな植物に:キャットニップ 防虫効果あり
▼ユリに:ラベンダー ユリの成虫促進、防虫効果
▼セージに:ローズマリー セージの周辺に雑草が生えにくくなる
▼ラズベリー・ブルーベリーブドウ・キウイ・リンゴに:タンジー  防虫効果あり


我が家の庭では、トマトを2つの大きなプランターで育てますが、ひとつは植えるときには、コンパニオンプランツとして、根元にニラを植えています。ニラはトマトの根元の日陰でも良く育ちます。トマトも元気に育ちます。どちらも収穫して、食べられるので、お得な組み合わせです。もうひとつのトマトのプランターには、コンパニオンプランツとして、バジルとマリーゴールドを植えます。トマトとバジルの相性はお料理の際もバッチリですが、栽培中も観賞用としても見栄えがしオススメです。

★知っておきたい「相性の悪い組み合わせ」
 ・大根に:葱        ・キャベツに:ジャガイモ

コンパニオンプランツ〜混植のススメ〜

野山では、家庭菜園や庭よりも病気や害虫の被害が目立ちません。というのは、野山では、常に複数の植物が共生していて、土中の微生物が豊かになっているからです。この自然の多様さ、つまり、野菜を育てるなら、バラを育てるなら、それだけの畝や花壇にするのではなく、複数の植物を混植しておけば、微生物のバリエーションが豊富になり、健全な環境ができ、害虫の大発生や病気が蔓延予防が期待できます。
つまりは、コンパニオンプランツを積極的に利用することは、野菜が元気に育つ土壌をつくること、「土壌がよくなること」なのですね。


★コンパニオンプランツとして、ハーブを植えれば良いと言うものではない!
コンパニオンプランツの強い効果は、相性が悪い場合は"逆に被害を拡大"したり、成長を妨げてしまう例もあります。効果があるといわれる組み合わせ以外、初心者は試さない方が良いでしょう。また、タイムやミントなどの生育旺盛なハーブ類は、メインの野菜の成長を抑制したり、種が交雑してしまったりする事もありますので、注意が必要です
スポンサードリンク


  Home > コンパニオンプランツ 野菜 バラ                                   

Copyright(C) ガーデニングでハッピー♪ All Rights Reserved