バラの病気と害虫 予防と対策

ホーム > バラの病気と害虫 予防と対策

バラの病気と害虫 予防と対策

ベランダは雨のかからない植物にとって特異な環境なんですね。成長初期はいじけ気味?!に
育っているそうです。(京阪園芸の超有名バラ専門家談)  
なので、バラの病気と害虫の傾向も地植えのバラと少し違いがあるようです。

我が家のベランダでのバラの病気で一番の悩みは「うどん粉病」です。
以前、ある園芸雑誌で有名な主婦ガーデナーさんが、「びゅー〜っとホースでバラの株全体に
水をまくので、うどん粉病と縁がない」とおっしゃっていました。
それもあわせて、ベランダのお掃除もかねてホースでたくさんお水を撒くようにしています。
もちろん、階下の方にご迷惑にならないように雨の降った日にします。 

バラの害虫の予防や対策には、木酢液はとても有名ですが、強いにおいがあるので
お隣にご迷惑かと思いやめました。けれど野菜やハーブなどの食材は安全に育てたいものです。
なるべく薬剤を使わず、しかも簡単で楽なバラの病気と害虫の予防や対策を試行錯誤中です。
実践されている方、教えていただければうれしいです♪情報お待ちしています。

バラの病気 予防と対策

ベランダではバラの代表的なカビの病気「ウドンコ病」です。これが一番の悩み。
葉や新芽、蕾のみずみずしい部分が白くかびたような症状になり、ひどい場合、まともに花が咲かなくなったりします。
アグリチンキ バラ うどんこ病【私の対策】
1.化学タイプの液肥は使わない。
2. 生薬のカリグリーンとアグリチンキ36を濃度を気をつけながら
  予防的に定期散布する。(ただし高温乾燥期は避けています。
  葉が硬くなる)

3・発生したら葉をとりのぞき、つぼみにでたらお酢を薄めたものでふき取る。
  雨の降った日は水をざ〜〜っと株の上から撒きます。

<バラの病気と対策>
●うどんこ病
バラの病気と害虫 予防と対策 うどん粉病


●灰色カビ病


●黒点病



●根頭癌腫病


●枝枯れ病

バラの害虫 予防と対策

一番はアブラムシです。次にハダニ、青虫、カイガラムシ それからコガネムシの幼虫   

ニームオイル 害虫予防【私の対策】
1.ニームオイルを予防的に撒く小さい苗のうちから3日に1回程度
 葉の裏をしっかりと株全体に散布しています。においは気になりません。
2・テデトール〜こつこつと手で取ってます〜
3.あきらめる・・・少々の虫食いは無農薬栽培の勲章です!
4.パーライトを用土に混ぜる。成虫をみつけたら即捕獲する。
5.葉が黄色くなったらコガネムシの幼虫にやられた疑いありです。植え替えます。
  薬剤はまいたことがなく・・毎年9月過ぎに一株ぐらいやられてしまいます(;;)

<バラの害虫と害策>
●アブラムシ


●バラゾウムシ


●コガネムシ


●オトシブミ


●チュウレジハバチ


●ハダニ
スポンサードリンク

  Home > バラの病気と害虫 予防と対策                                    

Copyright(C) ガーデニングでハッピー♪ All Rights Reserved